おうちで白い歯


自宅で歯を白くしたい場合、歯医者さん(歯科医院)でカウンセリング(診察)を受けた後に自宅で自分で行い『ホームホワイトニング』の他に、市販の歯磨き粉やホワイトニング剤などで白い歯を目指すこともできます。

ホワイトニング剤(歯磨き粉等)には、歯医者さん(歯科医院)や歯科関係のお店でしか購入できないものから、薬局(ドラッグストア)、Amazon.co.jpや楽天市場などの通信販売で購入できるものの他、海外製品を輸入代行を介して購入する方法があります。

≫ Amazon・楽天市場・@cosme ホワイトニング商品ランキング

海外で人気のホワイトニング剤(歯磨き粉)

※海外製品を輸入代行で購入する場合、日本の薬事法で認可されていない製品がありますので、あくまでも自己責任で購入の際には注意が必要になります。

歯磨き粉以外にも、液状タイプ、貼るタイプ、塗るタイプなど歯を白くする方法がありますが、あくまでも市販で購入できる程度のものなのでレビュー等を参考にしながら検討してみてください。

歯磨き以外でおうちで歯を白くする方法

尚、被せものや詰めもの(通称:差し歯)にはホワイトニングの効果がありませんので、現在の被せものを白くしたい場合は歯医者さん(歯科医院)で新しく作り直してもらう『セラミック治療』を受ける方法があります。

セラミック治療とは?

■メモ
・生まれつき歯の白い人や歯が黄ばみやすい人もいる。
・市販の物で白くできる場合もあるが、歯科医院などの専門機関でのホワイトニングのほうが効果が高い、そして安心。
・市販のものは料金が高い割に効果が低いものもあるので、体験談や口コミを参考にする。
・同じホワイトニング剤(歯磨き粉等)でも個人差がある。
・ホワイトニング剤(歯磨き粉等)には、『研磨剤』が含まれる物と含まれない物がある。
・研磨剤の含まれるホワイトニング剤(歯磨き粉等)は歯の表面を傷つけ、返って着色しやすくなる場合がある。
・市販のホワイトニング剤(歯磨き粉等)にも、『歯自体を白くするもの』と『歯の着色汚れを落とすもの』がある。
・歯磨き粉以外にも歯を白くする方法がある。

— まとめ —

1. 自分の歯質を把握する。(黄ばみやすい、汚れ(ステイン)が溜まりやすい人、知覚過敏になりやすい人など)
2. 自分に合ったホワイトニング剤のタイプを把握する。(歯並びや、生活環境など)
3. 商品レビュー、口コミを参考にする。
4. 歯医者さんが推奨する市販の歯磨き粉は期待できる。
5. 海外製品も検討してみる。
6. 本気で歯を白くしたいなら歯医者さんやデンタルサロンでホワイトニングを受ける。

ora2おうちで白い歯にしたいなら、『歯を白くしよう!』と考えるより、予め歯医者さんで『PMTC』で徹底的に綺麗にしてから『オフィスホワイトニング』で好みの白さまで白くする。それから、市販の歯磨き粉等で『その白さをできるだけ長持ちさせる』という考え方が良いと思うよ♪ 効果がわからない市販の高価なホワイトニング剤(歯磨き粉)を色々試してみるより、歯医者さんでホワイトニングを受けた方が効果が高く、結果的にコストを抑えられる場合があるよ☆(体験談より)

『PMTC』とは?

『オフィスホワイトニング』とは?


teikyou_ban

歯科医院推奨の<白い歯>の歯磨き粉・他

 

☆オススメの<白い歯>になるホワイトニングキット


■ブリリアントトゥースホワイトニングキット(1Week)
家庭で気軽にできるペルオキサイドを含まないタイプのデンタルホワイトニングキット。1週間のご利用で、4トーンまで歯を明るく、白くします。

投稿日: By 白い歯推奨委員会